ちとせももとせ

広く浅くミーハー人間の備忘録。

10/22(日)ヨーロッパ企画「出てこようとしているトロンプルイユ」、ゴジゲン「くれなずめ」を観た

衆議院選挙の日。台風が日本列島を覆って、だいぶ天気がぐずついた日。
私が下北沢に来る日はいつも傘を持っているなあなんて思いながら、舞台をふたつ見てきました。
びみょ~~~にネタバレありかも。勘の良い方は展開に気づくかも、くらいのネタバレです。

13:00~@本多劇場
ヨーロッパ企画「出てこようとしているトロンプルイユ」
www.europe-kikaku.com

18:00~@駅前劇場
ゴジゲン「くれなずめ」
www.5-jigen.com

どちらもとても良い舞台でした。
作劇としてはまったく別物ですし、観劇後の味わいもそれぞれに異なったのですが良いものはいい。ひとつの作品としてうつくしく完結しているのだけど、そのくせ観ていた側にいろいろと投げかけてくれた気がします。やっぱり作品は作品世界で完結してほしい。心を揺さぶってくる作品はうれしいけれど、観客にアレコレつじつま合わせを考えさせる舞台はあんまり好きじゃありません。手法として玄人っぽく見栄えがいいのはわかるけど。

「出てこようとしているトロンプルイユ」は、後半の畳み掛けがすさまじくて。てんどんに次ぐてんどんに、最初は笑っていたのですが、4、5回目かな。登場人物の一人が「
デジャビュを感じるんだけど…」と言ったあたりですごくゾっとしました。
画家3人組がていうかていうか小うるさい芸術議論をするシーンとか、すごく楽しかったです。
パリへようこそようこそパリへ、のくどい感じが好きですね。
それと、暗転前、セットを見てこれ撤収とか大変そうだなーと思っていたら、途中全部ぽいぽい捨て始めてw えっこれだけの小道具を再セットするの!?って驚いてたら劇中まさかの巻き戻しがあって笑いました。なるほど。そうくるのか。

そして、ヨーロッパ企画さんを見た後の、「くれなずめ」。個人的に、ものすごーーーーーーく好きな芝居でした。
お骨ひろいの話とか、学園祭の話とか、結婚式のあとの所在なさとか、世の中にありふれたことをすこしずつ縒り合せて、そうやってできたなんでもないひとたちのなんでもない人生の話という感じ。
でも、なんでもないひとたちの話だからこそ、身につまされるというか。
いつか死ぬってわかってても全力でばかり走ってられないことを心のどこかで怒っていたり、でも言い訳してたり。
いつか会えなくなるってわかってるのに、次を期待してしまって、いますぐ会いに行こうという心を決められなかったり。
長いものに巻かれたいきもちと、いや自分は『何者』かになれるんだって高楊枝くわえてやせ我慢してるきもちとか。
完全に理解したとは言わないけど、部分部分身に覚えがあるからこそ、ああああーーーつら!しんど!ってなりながら、心を引っかかれながら見ていました。途中ちょっと涙ぐんでしまった。
見に行ってよかったなあと思います。
タイトルのセンスもすさまじいなあと。それこそ「たそがれ時」とか「くれなずむ」でもいいのに、「くれなずめ」。私にもこういうセンスが欲しい。

「くれなずめ」のアフタートークヨーロッパ企画の上田さんがいらしていて色々とお話伺えたのもよかったです。ふたつの舞台の類似点とか、ゴジゲン主宰の松居さんのこだわりとか、おふたりの出会いとか。

なんのこっちゃという感想ですが、以上!

8/2~8/6 舞台「片想い」の感想---いまさら言う。

※これはメモ帳に仕舞い込んでいた8月の舞台「片想い」感想を勇気を出して記事にしたものです。


 たかだか6公演で全通って言うな!なんて野暮は言わないでくださいね。(第一声がこれです)
 8月6日、方南ぐみ企画公演「片想い」全6公演が無事に幕を下ろしました。出演者・スタッフのみなさま、劇場へ足を運んだ客席のみなさん、5日間お疲れさまでした。
 2公演目とそれから千穐楽公演のご挨拶で津田さんがおっしゃったように、戦争から焼け残った劇場で戦争から焼け残った動物園の話を演じること、そして、今回たまたま8月6日が日曜日に重なったからかとは思いますが、原爆の日に戦争もののお芝居を演じること、いろいろと考えざるを得ない舞台でした。
 "あの日の空は青かった"と、当時を生きた誰もが言います。久世光彦も、彼のエッセイの中でその話をしていますね*1。戦争を描いた映画は多く製作されていますが、その中でも終戦の日、特に玉音放送のシーンでは雲一つない青空がスクリーンに映ることが多いですよね。岡森さん演じる園長の「たいへん、気持ちのいい日です」というセリフは作中の焦点をぐっとその一点に引きつけるいいセリフだなあと思いました。私もあんなセリフ書いてみたい。

 また、私事ではありますが、この舞台「片想い」、私が今現在応援しているアミューズ所属の俳優・正木郁くんの初舞台でして…もう正直、けっこうメンタルがぐちゃぐちゃになってました。
 応援している役者さんなんだからだいじょうぶ!と思う私と、いやいやいやでもいままで俳優としての彼は見たことないでしょ、好みじゃないお芝居をするひとだったらどうする?っていう私が喧嘩してましたから。スケジューリングの問題なんかもあって、初日を迎えるまで不安要素の積み上げもすごくって!!!!!*2
 でも、推しの人生初舞台なんて遭遇できるチャンスもないだろうと、舞台「片想い」に合わせて夏季休暇を取り、全通しました。
 行ってよかったです。めちゃめちゃよかったです。

 私はチヅから郁くんを知った人間です。
 チヅって特徴的なキャラクターなのですごく演じやすいと思うんです。オーバーに演じれば演じるほど二次元っぽさ、作り物っぽさが出てくるし、彼のキャラクターは二次元だからこそ許される部分がたくさんある。だからこそ、新人さんだった郁くんがチヅを演じるのって比較的楽(言葉が悪いですが)だったんじゃないかなと思います。
 上でも言ったように、郁くんの素顔なんて全く知らないし、一介のファンはそんなの知る必要はないと思うんです。だから、私が知る彼はいつもにこにこと笑っていて、自分を下げる、と言えばいいんでしょうか、やられ役と言うんでしょうか、ちょっとピエロっぽく振舞うこともあって。そういう、DearDreamの一員として演出して私たちに見せてくれる素顔を割り切って楽しんでいるつもりなんです。私個人の感覚は。まあそんななので、それ以外の郁くんの振り幅を知らないわけです。見せてもらってないから。見せてほしいわけじゃないです。そこは勘違いされたくないので言っておきます。私はただのファンであり突き詰めると自分勝手な消費者なので自分のこと以外に責任は持てないです。そんなの怖い。
 話を戻すと、そんな風に、この舞台が始まるまでは「郁くんの演技がもし私の好みじゃなかったらどうしよう…顔ファン? 姿勢ファン? どう名乗ればいいんだろう…、ていうかそれ6公演も見るのつらいよね、どうしよう」というすげーむちゃくちゃな心配をしていたわけです。自己中心的で最低すぎるね。まあ前日なんかはもし下手だったら下手だったなりに公演ごとの成長を見よう、そこで役者としての素質が多少なり見つけられるよ…と自分を落ち着かせていたんですけど。結局最低。

 さて、郁くんの話をしてもいいですか。勝手にしますね。これまでも郁くんの話だったけど、郁くんの話をします。
 この6公演、毎回友人知人を連れて行って隣で見てもらったんですが、ドリフェス!をよく知らない人からはだいたい第一声「郁くんのこと、出てきた瞬間すぐには見つけられなかった! 探しちゃった!」って。ひゃーーーーーありがとう!!!!!(?) いや意味わかんないよ、なんでありがとうなんだよって感じですけど、すぐに見つけられなかった=溶け込んでた、なじんでた、と良い方に解釈してもよくない? いいよ! ありがとう!
 今回舞台上ではシズオを演じた郁くん。チヅじゃない郁くん、郁くんじゃない郁くんがそこにいました。それってつまり俳優・正木郁。
 舞台の写真レポがアミュモバさんに載っているので、もうご覧になった方も多いと思うのですが…いつもとぜんっぜん違うんですよ! チヅのちんまり華奢な少年体型な印象に引っ張られてか、かわいらしい印象が強めですが、郁くん、なんだかんだ背も高いし結構体格はがっしりしてるんですよね。間近で見るたび「うわ!?」てなる。だからこそ、今回戦時中という時代背景に合わせたざっくり・質素な衣装だとより目を欺かれるというか。最近の若手俳優さん、すらりと細い方が多いので、肩幅がっしり脚もしっかり骨格がしっかりしてるなーっていう郁くんにやたらと目が行ってしまった。えっやっぱ大きいな!?とすらw
 シズオは基本へらへらしていて、お調子者で、受けもしないダジャレを延々言っているような人物。このシズオが、森本先生に「私、あなたが苦手なんです」、って言われてからの一連のシーンがとても好きです。一瞬あてがきかな?と思うせりふを森本先生に言われるので、そこでどきっとしたのですが、前回公演でも同様の会話はあったよと教えてもらったので生きながらえた。そこから岡森さん演ずる園長、森本先生、郁くんの三人芝居があって。「園長、」って言うところが静男(対人用)から静男(素)に戻る瞬間のお芝居だと思うんですが、この声が全然違う。これまで観客が見てきたシズオではないし、郁くんの声でもなくて、私はここがいちばん好きだった。ここでいちばん驚いた、演技うまいなって思った。
 声。うん。声が好きなんです。郁くんの。ちょっとひび割れたような、尖った風情があるけど、本人が意識すればどこまででもソフトに響くし。ひとりラジオの語りかける口調とか、たまにツイッターにあげてくれる動画とかが顕著ですね。声だけで、どんな表情してるか想像させてくれる楽しみがある。
 あとは、このシーンでは基本的に客席に背中を向けて芝居をしているのだけど、背中で演技ができるんだな、上手だなって。上手端にいた日はすこしだけお顔が見えて、もちろんそのときはガン見したけど。郁くん、とてもいい表情をするなあって。決まり悪そうな顔。そのあとで、自分の話なので自分が、という時の顔はやさしげで、園長がガンガン話進めるところはまた違った風に困惑顔。
 うれしいことだらけでした。

 郁くんって別に私好みのお顔でもないし(…)、この舞台が始まるまで芝居もちゃんと見せてもらったことがなかったし、じゃあなんでこうも見ていたくなるのかなって公演期間中にずっと考えていて、まあひとつ答えが出たかなって。
 なんかね、見ていたら幸せにしてくれそうな気がする。ていうか、なれる。
 カーテンコールで晴々したお顔を見せてもらったこととか、だれよりも大きな声で「ありがとうございました!」って言うところとか、ライトを受けて目がきらきら光ることとか、あとは、遡って2016ハンサムの千秋楽挨拶とか。
 ことあるごとに冗談めかしては未来のために投資したい、って友人に零していたけど、このさき彼がライトを受ける立ち姿をまた見られるのなら、やっぱりその未来のために投資させてくださいって言うよ。それが楽しい。
 もちろん私が彼のために使えるお金には限度があるし、大した金額ではないし、自分勝手なのでいつまでだって投資できる自信がないのであまり大きなことは言えないのですが、すくなくとも俳優・正木郁を見たがってる人間が今この瞬間ここにいるんだよという、そういう意思表示はしたいよね。朗読劇「逢いたくて…」はチケットを郁くん名義で買えたので、それもほんとにほんとにうれしかった。

 なにが言いたかったかわかんないけど、推しの初舞台を見届けられてよかったです、という話でした。
 さいごに、最近、郁くんを見ていたら思い出してしまう短歌があるのでご紹介を。

夢の中では、光ることと喋ることはおなじこと。お会いしましょう
                          ---穂村弘

 夢の中で光ってくれるだけでじゅうぶんじゃないですか。

*1:余談ですが久世光彦は戦時中、富山で疎開生活を過ごしたそうです。私も富山出身なので親近感が…♡

*2:おれサマーとか上海とか、個別に見ればとてもいい経験だったと思いますが、8/1の緊急生放送に関してはきっとこれからも思い出してはぐちぐち言う

9人のALIVEをあきらめたくない日記―A.L.P 2017 SUMMERに参加して

「さあ、音楽を始めよう!」
こんなシンプルなキャッチフレーズのもとで活動しているSOARAとGrowthというふたつのユニットのことをご存知でしょうか。
ツキノ芸能プロダクションという2.5次元タレント事務所に所属し、展開の先駆けとなったツキウタ。シリーズに対して『後続』と呼ばれているALIVEというシリーズで活躍している男の子たちのことで、それぞれ『ソアラ』『グロース』と読みます(長い)。
おもちゃ箱みたいに、次はなにが起こるんだろう? なにが出てくるんだろう? とわくわくさせてくれるSOARAと、ファンタジックでどこか切ない”始まり”に対する胸の高鳴りを感じさせてくれるGrowth。
YouTubeの公式チャンネルから各CDの視聴動画も見られます。せっかくの機会なのでいちばん新しいそれぞれのユニットソングを貼っておきますね。2ユニット合わせて5分ほど、お時間をもらえたらうれしいです。
youtu.be
youtu.be

もし気になるなあと思ったら、詳細はどうぞこちらからご覧ください。
ALIVE(アライブ) | 絞り込みカテゴリ | ツキノ芸能プロダクション -ツキノプロ-

さて、前置きが長くなりましたが、そんな彼らが結成から3年目にして初めてALIVEシリーズの2ユニットだけで出演したA.L.P 2017 SUMMER(アライブパーティー2017サマー)に昼夜両部とも参加してきましたので、今回はその感想を。

ねえ~~~~~~~~~私やっぱりALIVEがだいすき~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!(IQ3)

……というわけで以下、一信者によるアラパ感想です。頭の整理のためにキャラ解釈もぶち込んでるし、ところどころキャストの名前とキャラの名前が入り混じりますがご寛恕くださいませ。
ここは私のブログだから、好きなように好きなことだけ書きます。

続きを読む

7/15~7/17 おれサマー、SQP、PPPに行ってきた日記

海の日を含む三連休、みなさまいかがお過ごしでしたか? もう明日から8月だなんて野暮なことは言わないでください。
もう二週間も前になりますが、7/15おれサマ1日目@富士急コニファーフォレスト→7/16S.Q.P2017夜の部@両国国技館→7/17Prestage Party at 赤坂プリッツ ~真夏のオールスター大感謝祭~昼夜@赤坂Blitzという最高の夏の始まり*1決めてきました!!!
3日間で4現場行くよ❤ってツイートしたら馬鹿じゃないの?! って言われたんですけどいいんです。楽しいことにはフットワーク軽く臨みたい。


ということで、
7/15 ORE!!SUMMER
 Original Entertainment Paradise -おれパラ- 10th Anniversary 〜ORE!!SUMMER〜 公式サイト
7/16 S.Q.P 2017 SUMMER(スケアパーティー2017サマー)
 S.Q.P 2017 SUMMER(スケアパーティー2017サマー) | ツキノ芸能プロダクション -ツキノプロ-
7/17 Prestage Party at 赤坂プリッツ ~真夏のオールスター大感謝祭~
の覚書です。

*1:英知役西山宏太郎くんがSQPの挨拶で言い放ったド名言

続きを読む

2017年上半期備忘録

 

2017年上半期 現場的なものまとめ
舞台、ライブ、トークイベ、その他諸々。基準はあいまい、私が現場だ!と思ったら現場です。

 

1月

1/7 ドリフェス!ファンミーティング02追加公演
1/8 ドリフェス!ファンミーティング02昼

 


2月

2/11 THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~ Shining Side アルテで号泣して彩とキリオにゃんではぴはぴしててんてるに抱かれた。
2/12 THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS~ Brilliant Side アスランに興奮してWに沸いてやっぱりてんてるに抱かれた。

 

3月

3/10 the GazettE「十五周年記念公演 大日本異端芸者『暴動区 愚鈍の桜』」 代々木の天井席でジャンプすんのマジ怖い。
3/24 ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"勝者と敗者" (初日) AiiAよりTDCの椅子のほうがお尻痛い。演出がどんどんクドくなっていってる…。
3/25 ドリフェス!研究室出張版@bilibiliブース AnimeJapan 2017 推しくんの口から「BL!?」って出てきてめっちゃ笑った。
3/26 猫のひたいほどワイド祝1周年感謝祭 ~出会えた奇跡乾杯~ 第二部 月曜日チームを贔屓していたので群読で号泣した。八神王子のブログでまた泣いた。

 

4月

4/22 Tokyo 7th シスターズ 3rd Anniversary Live 17'→XX -CHAIN THE BLOSSOM- in Makuhari Messe
4/23 Tokyo 7th シスターズ 3rd Anniversary Live 17'→XX -CHAIN THE BLOSSOM- in Makuhari Messe夜
ガチガチに構成が固められ、作品としてフィックスされたライブも面白いなって思いました!4Uワンマン決定おめでとう!!

 

5月

5/4 ドリフェス!presents DearDream 1st LIVE 「Real Dream」

5/28 2017tvk秋じゃないけど収穫祭~ジモトONEダフルまつり~ レジェンズ食レポ、コントとして完成度高すぎて笑いすぎてつらい。

 

6月

6/2 あたっくNo.1(初日)
6/7 あたっくNo.1
6/9 アニメ「ドリフェス!」1stシーズン応援上映会キャストトーク付 郁くんとそーまくんのコンビは大型犬の子犬がころころしているようで微笑ましい。
6/11 あたっくNo.1(千秋楽) 大 号 泣 。
6/16 アニメ「ドリフェス!」1stシーズン応援上映会キャストトーク付 2列目で船に爆レスをもらった。ありがとう、正しくファンサービス…!
6/17 オーバーリングギフト(マチネ)
6/23 オーバーリングギフト(ソワレ) オバリはアンケート書いて送ったら満足したので記事は書きません。

 

週1くらいのペースが体力的にもお財布にも無理がなくてよいですね(弱いオタク)。
3月にいっこなんか毛色の違うのがあって面白いな~と思いつつ、ニワカなので大日本異端芸者時代の曲はうろ覚えばかりで代々木天井席でぴえ~~って泣いてました(高所恐怖症)。
3~4月の行脚はことごとくいけなかったのですが、代わりとばかり、6月の上映会やORGはかなりの良席が来てぴゃーとなりました。初最前もこのとき経験しましたが、最前って、もう2列目以降とはまったく別世界といった感じ…。視界に他人の影が入らない。それだけで、世界への没入感が違いました。でも心臓には悪いので3列目くらいのドセンがいちばんすきです!!!(ワガママ)あと、推しくん、最前だと逆に目が合わないのでいっそ面白いです。
そして6月が怒涛のドリフェスチーム舞台月間だったんだなあ…。
7月以降はおれサマーにRENTにGlourious!にVOICARIONにファンミ03…出費が増えるばかりなので、頑張ってお金稼ぎます(しろめ

あたっくNo.1を見てきた日記 または、岩谷さん演じる横川に泣かされた話

銀座の博品館劇場で、6/2(金)初日を迎えたあたっくNo.1を見てきました(まだこのあと6/7(水)ソワレ、6/11(日)千穐楽を見てくる予定です、久々の複数回通い)。

【あらすじ】
作・演出家の樫田正剛の伯父が潜水艦内で書き綴った日記から全てがはじまった―。
1941年。昭和16年11月18日。
男たちは行き先も目的も告げられることなく潜水艦伊18号に乗艦した。
祖国を離れた二日後、艦長が全容を通達した。
行き先はハワイ真珠湾、目的は戦争。
「敵に不足なし」艦内に若者たちの咆哮が響いた。
男たちの青春がここにある。
方南ぐみ公式HPより

 

あたっくNo. 1、お恥ずかしながら、舞台が発表になってチケットを取っても、なんとなく下調べする気になれず…。結局、どんなお話かもよく知らないまま初日を見に行きました。
戦時中の話で舞台は潜水艦である、程度のざっくりした知識で初日を見てきたのですが、前半爆笑からの後半は大号泣。…思うことはたくさんあったはずなのに、観劇後ははあ~~~と魂が抜けてしまって。
それでもなんとか記憶を揺り起こして書かないと記憶が薄れていくトリ頭なので、がんばります。
そこそこネタバレもしていると思いますので、まだ中日も迎えていないですし、ご自身で観劇にいらっしゃる場合、この記事は観劇後にご覧いただくのがよいかと。まだ初日しか見ていないので、7日と千穐楽を見たら追記するかもしれません。

 

続きを読む

5/4 DearDream 1stLIVE「RealDream」に行きました日記

ファンミの記事を書いてから、ゆうに四か月ほど経っていました。びっくり。

その間にもエムマスを見てツキ。の贔屓に思いを馳せたり、ナナシスを見てここまでがちがちに構成されたライブもおもしろいなあと感じたり…いろいろと思うところはあったのですが、この連休いちばんの思い出のことをちゃんと記しておこうと思って。
すごいざっくりした感想です。

 

タイトルにも書いた通り、5/4にZepp DiverCity TOKYOで開催されたDearDream 1stLIVE「RealDream」に行ってきました。
すごくすごくしあわせな時間を過ごしました。それと同時に、よかったなあ、って安堵みたいなきもちもあって。
ライブに行くとだいたい楽しかった、すごかった!って言うありきたりな感想になっちゃうんですが、今回は、なんだろうね、よかったなあっていうのがいちばん心に残ってます。
よくよく考えたら、私がいわゆる"1st"と冠するライブに参加できたのは、たぶんDearDreamが初だから、というのもあるかもしれません。

 

続きを読む